世界トルコのユネスコ遺産

HATTUSA - BOGAZKALE

ヒッタイト帝国の首都、ハッタサは芸術と建築を発展させました。 Hattusaは広範囲に広がっています。発掘は5つの文化的レベルをもたらした。ハティ、アッシリア、ヒッタイト、フィリガン、ガラテヤ、ローマ、ビザンチン時代の遺跡。残りは、下町、上都市、大城、(王の城)、およびYazilikayaで構成されています。都市は北から南へ300メートル上がる。北部は「下部都市」と呼ばれ、南部は「上部都市」と呼ばれています。北側には市があり、市壁に囲まれています。北側。 Yazilikayaの救済物からのこの写真は、保護神SarrumaとのTuthaliya IVを示しています。 SarrumaはユーフラテスのTeshupの神の息子であり、肥沃なHepatのGodddessです。神だけが尖った帽子をかぶり、その上にフックがあった。ハッタサの門の中で最も興味深いものを見ることができます。 Yerkapiとして知られているこのゲートは、実際にお互いの上に2つのドアで構成されています。街の壁の下と壁の下の地下のトンネルは、石(71メートルの長さ)で覆われており、街への秘密の入り口です。スフィンクスの門があり、その真上の街の壁を通り抜けて入る。ヒッタイトの首都ハッタサには、6つの扉があることが知られています。寺院と神聖な場所が位置していたアッパーシティは、入り口でライオンとスフィンクスが警戒していた5つの堂々たる門に囲まれていました。これらの門のスフィンクスのうちの2頭は、第一次世界大戦前に修復のためにドイツに送られ、修理されトルコに戻ったが、もう一人は長年の努力の後、ほぼ100年後に返還された。イスタンブール考古学博物館のピアであるこのスフィンクスは、2011年11月に復元されて、2011年11月に同じ場所にある土地で可愛らしい場所になったボガズコイ考古学博物館に展示されています。


都市の最南端にあるYerkapiは、Hattusaに入ることができる唯一のトンネルからその名前を受けました。このトンネルは都市の壁の外に通じています。都市の壁の真ん中にはスフィンクスの門があり、ここに作られた丘の上を通ります。ヤジリカヤ(Yazilikaya)は、ヒッタイトの州都ハッタサ(Bogazkoy)の北東2kmにある天然岩の間に作られたヒッタイトの屋外寺院です。岩石の中の2つの開口部(A室とB室)には、ヒッタイトの神々を描いたレリーフが刻まれており、ヒッタイト期の最も重要なモニュメントの1つです。大きな寺院は14.500平方メートルの面積に広がっています。儀式と儀式は屋外中庭で行われました。儀式のために使用される儀式と奉納物は、寺院の周りの貯蔵室に保管されていました。彼らはまた、穀物、ワイン、油の貯蔵庫としても使われました。寺を囲む倉庫は複数の物語があり、合計で約200の倉庫があると考えられています。 1907年にここで実施された掘削中に、楔形文字の文字板が見つかりました。寺院の部屋に保管されているすべての物品が記録されました。 Hattusaの入り口と修復された街の壁は、ここから非常にはっきりと見ることができます。大きな寺に入った直後に、機能が未解決の緑色の石があります。ハウヴァー、この緑色の石は、神聖であると信じられていて、世界で最も有名な一体型の緑色の石です。エジプトで発見され、ラムセス2世によって贈り物と​​して与えられたと考えられます。

ヒッタイト期に属する2つの大きなスフィンクスによって保護され、南にある記念碑的なガットは2つの塔の間にあるように組織されました。 地面から約2メートルのところにあるドア・ジャンブとして使用されているモノリスモノリスの一部は、スフィンクスの形に刻まれています。 スフィンクスと共にこの門を通って入った大きなヘタイトの建物は完全には発掘されていません。 スフィンクスの門の隣にある塔の基盤は、多くの装飾体で覆われています。 救済とスフィンクスのほとんどは、14世紀のB.C.に属しています。 これらのほとんどはレプリカで変更され、オリジナルはアンカラのアナトリア文明博物館に移されました。


Bogazkoyの最も重要な建築分野の1つはLarge Templeです。 (寺1号)ハツサにある北部の中心部を構成する大きな寺は、アリンナの街のハティとストーン神の家として建てられました。寺院には2つのアディトンがあり、寺院と倉庫の周りに石畳と石の入った通りがあり、それらの後ろにはこれらの通りに4つの方向に開いています。大寺院は建物に囲まれています。建物は二次的に重要です。これらの中で最も重要なものは斜面の家です。それはそのサイズ、計画、および複数の物語で際立っています。包括的な発掘は、ここのインナーローワーシティでのみ行われました。帝国時代に属する人工のテラス、すなわち、13世紀のB.C​​.、市内の最大の宗教的な建物に置かれた、大きな寺院/第1寺院は、この区域に属しています。壁の基盤が寺院の北とテラスの下に見える住居のほとんどは、同じ期間に属しています。

ガレリー

HATTUSA - BOGAZKALE